モデルロケット 指導講師ライセンス取得!

雑記

連載しているモデルロケットの資格について、遂に指導講師ライセンスを取得しました〜〜〜!

モデルロケットライセンスを取得しようと考えている方はもちろん。ロケット・宇宙に興味のある方、また資格マニアの方にもぜひ読んでいただきたい記事です☺️

スポンサーリンク

モデルロケットライセンスとは

モデルロケットは、火薬エンジンを使用しておよそ時速180Km(モデルロケット:アルファーⅢ、エンジン:A8-3の場合)大空高く飛ぶ模型ロケットです。世界で50年間で5億回無事故の記録を更新しています。 日本では1990年に山田誠氏(現会長)が公式に打ち上げを開始し、多くの協力者により火薬類取締法の一部改正を実現し、学校教育で使用可能となりました。我が国でも20年間で約33万回無事故で打ち上げられているとても安全な世界的宇宙教育の教材です。このことから近年全国の学校でモデルロケットを教材としたモデルロケット講座が開講されています。(現在ライセンス所持は約1万人です。

モデルロケット協会
特定非営利活動法人 日本モデルロケット協会
トップページ

指導講師ライセンスを取るとできること

これからライセンスを取得しようとしている方々に協会が示す課程に則して教えることができます。教えられた方は全員が第4級ライセンスを取得することができます。(中略)指導講師の方から講習を受けた方は、当協会に講習会の修了証等講習会を修了したことが確認できる書類を添えて履修証と登録費を提出することにより第4級ライセンスが発給されます。

モデルロケット協会

つまり、指導講師ライセンスを持つ人が、教えた人に4級ライセンスをあげられる!

ぜき
ぜき

わたしは仕事で子ども教育に携わっています。いつか子どもたちとロケットを作って打ち上げるのが夢です!

その夢を叶えるため指導講師ライセンス取得を目指して取り組んできました🍀

4級・3級ライセンスを目指す方はコチラ

申請~指導講師ライセンス取得の流れ

試験・実技内容

試験出題分野・合格点

講習終了後に以下の範囲で試験を行います。

  • ロケット工学    合格:80点以上
  • 火薬類取締法  合格:60点以上

第4級の講義内容をきちんと理解していれば、問題なく合格できる難易度だと思います!

ぜき
ぜき

物理大好きな私は、ロケット工学分野で100点満点!!
日本で4番目に100点をとりました☺️

実技試験

モデルロケットの製作

モデルロケットキット(アルファーⅢ)を説明書を見ながら製作します
20分以内の完成で合格です!

安全な打ち上げ

打ち上げ場所の設営と安全な打ち上げと回収を2回行います

つまり

不点火がなくパラシュートがうまく開き着地・回収2回行うことで合格です!

指導講師ライセンス取得にかかる費用

ロケット教材、テキスト、登録費及び3年分のライセンス登録料

※ライセンス登録料は4級・3級で取得しているライセンスに合算されます
(例:4級で1年+3級で1年+指導講師で3年 ▶︎ 指導講師として5年

  • 一般 35,000円
  • 学生 17,500円

最後に

これにて、一旦モデルロケットのライセンス連載は終了です😄
この先にはロケット実機を飛ばせるようなライセンスもありますが、打ち上げ場所も日本に数カ所しかないので、また機会があれば取りたいと思います♪

ぜき
ぜき

ぜひ!皆さんもロケットを飛ばしませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました