定時で帰ろう!仕事をコントロールするということ

雑記

みなさん、定時で帰れてますか?

めっちゃ仕事持ってるのに、定時で帰る人いますよね
羨ましい〜〜!なんで〜〜!って思うことも多々あります

仕事をコントロールする方法について深く考えてみたいと思います

スポンサーリンク

一生懸命仕事をしているのに、帰れない理由

めっちゃ一生懸命仕事をしているのに残業ばかりしている人

仕事をそつなくこなし、メリハリをつけて定時で帰ってる人

さて、どんな違いがあるのでしょうか?

もちろん理由は一つでもありませんし、繁忙期は仕方ないなんてこともありますが、帰れる人と帰れない人の違いをあげてみます

期日・優先順位の把握

残業ばかりしている人

人は簡単な仕事好きな仕事から取り掛かる傾向にあります
また人によっては、目の前に落ちてきた仕事を集中してやってしまいます

定時で帰る人

仕事の性質をしっかり分析して、未来を見据えて仕事をします
つまり急ぎではないもの、優先順位の低いものは時間を見つけてやっています

仕事量の管理

残業ばかりしている人

自分がどれくらいの仕事を抱えているのか把握できていません
また自分ができる量以上の仕事を引き受けてしまいます

定時で帰る人

任せられる仕事は人に任せ自分がやらなければいけない量を把握し、こなすことができます
また今後どんな仕事が発生するかを予測できています

メリハリ・要領の良さ

残業ばかりしている人

要領が悪くだらだらと仕事をしています
また次に自分が何の仕事をするのかが把握できていません

定時で帰る人

要領がよくメリハリをつけて仕事をしています
上司やお客さんのこともコントロールでき、休みも十分に取れています

仕事をコントロールするために

現状を把握する

今、どのような仕事を持っているのか?
自分が知っている情報は何か?
優先順位は?

抱えている仕事を棚卸して把握することが重要です

逆算する

仕事のゴールを明確にし、そこから逆算して最適な手順で仕事を進めていくこと

夏休みの宿題と同じですね

つまりプログラミング的思考です!

▼プログラミング的思考についてはコチラから

最後に

みなさん、明日から定時で帰れそうですか?

参考になれば嬉しいです!

わたしも、定時で帰れるよう頑張ります〜〜〜!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました